「ニュース記事紹介」キャッシュカードを他人に渡してはいけません!

公開日:2024/02/08更新日:2024/02/08

カテゴリー:ニュース・報道 タグ: ,

「ニュース記事紹介」キャッシュカードを他人に渡してはいけません!
口座を他人に渡したとして、福岡県警の巡査が書類送検されていたというニュース記事を確認しましたので、紹介いたします。

キャッシュカードを不正送付容疑 30代巡査を書類送検 福岡県警

 不正にキャッシュカードなどを譲り渡したとして、福岡県警が警察署に所属していた30代の男性巡査を犯罪収益移転防止法違反(有償譲り渡し)容疑で書類送検していたことが捜査関係者への取材で判明した。

 捜査関係者によると、書類送検容疑は2023年3月27~31日ごろの間、不正に利用されると知りながら、スマートフォンを使って氏名不詳の相手に自分名義の預金口座の暗証番号を提供した上、キャッシュカード1枚を送付したとしている。巡査は18年7月以降、多額の借金を抱えており、今回の不正譲渡の見返りに数万円を得ていたという。

 県警は、巡査が女性と不適切な交際をしていたことなども確認されたとし、24年1月18日付で減給6カ月の懲戒処分とした。巡査は容疑を認め、依願退職したという。【近松仁太郎】

引用元:毎日新聞デジタル2024年 2月7日 15:32配信

またしても、口座の不正譲渡に関するニュースが配信されています。

闇金と取引をしているときにも、ご自身の口座を譲渡させられ、口座不正譲渡の犯罪の嫌疑をかけられてしまうリスクがあります。

闇金と取引をしていると年利数千%という暴利での取引をさせられるので、いつか支払いができなくなってしまうのは火を見るよりも明らかです。

そしていざ支払いができなくなったタイミングで、いいバイトになるから口座を預けないかと言われ、社内で資金管理のために使うだけだから違法ではないなどと言われることもあるでしょう。

しかし当然ながらその口座は闇金への返済先口座や、特殊詐欺に使用されることになり、そうなるとその口座の名義人であるご自身が犯罪の嫌疑をかけられてしまうのも時間の問題です。

大切な人生を棒にふるまえに、今一度立ち止まって冷静に考えることが重要です。

0120-830-742
お問い合わせ 闇金対策ブログはこちら 情報提供掲示板はこちら
司法書士による闇金対策ブログはこちら
情報掲示板はこちら
相談に対応するオペレーター