【報道】闇金への返済が滞り特殊詐欺の受け子をさせられた男が逮捕|闇金情報ブログ

YAMIKIN INFORMATION BLOG

闇金情報ブログ

投稿日:2022.10.31

最新更新日:2023.03.30

ニュース・報道

【報道】闇金への返済が滞り特殊詐欺の受け子をさせられた男が逮捕

闇金問題で悩む人のイメージ

先ごろ、闇金への返済が滞ったことで犯罪に加担させられ、逮捕された事件が報じられました。以下、テレビ朝日ウェブサイトより記事を要約して掲載します。

報道概要―闇金へ返済できず特殊詐欺の受け子をして逮捕

息子と偽って高齢の男性から現金をだまし取ろうとした61歳の男が逮捕された。

男は仲間と共謀し、高齢男性から現金をだまし取ろうとした疑いが持たれている。

警視庁によりますと、容疑者の仲間が息子になりすまして仕事で金が必要だと男性に電話をした。

男性が銀行で金を引き出そうとしたところを不審に思った銀行員が通報し、待ち構えていた捜査員が、金を受け取りに来た容疑者を現行犯逮捕した。

容疑者は容疑を認めていて、闇金への返済が滞って受け子の話を持ち掛けられたとのこと。

引用元:テレビ朝日(ANN)ウェブサイト2022/10/29 12:30配信記事より要約

なお容疑者は10月26日、仲間とともに被害者男性に息子をかたってウソの電話をかけ、200万円をだましとろうとした疑いが持たれているようです。また「返済が遅れているから特殊詐欺の受け子をやらないか」などと闇金から勧誘されたとのことでした。
(読売テレビウェブサイト〔https://www.ytv.co.jp/press/society/172690.html〕より)

状況的には、典型的な振り込め詐欺手口のようであり、被害者の方はだまされたふりをすることで受け子をおびき出し、警察官により現行犯逮捕するいわゆる?だまされたふり作戦?により逮捕に至ったものと推測されます。

闇金から借りると被害者なのに逮捕されてしまうリスクも

逮捕されたイメージ

本報道にあるように、闇金へ支払いができず、返済を猶予する代わりに特殊詐欺の受け子のバイトをやることを紹介される等犯罪に加担させられるケースが後を絶ちません。

この容疑者は、闇金被害者であるにも関わらず逮捕されてしまうという状況に陥ってしまっていることになります。

闇金と関わると、金銭的な被害や取立て被害を受けるのみならず、自らも犯罪を犯すことになり、最悪の場合逮捕されてしまう危険性があります。

受け子をやったことに関しては断固として許されるべきではありませんし、たとえ闇金に強いられたとしても当然犯罪に加担するべきではありません。

このような状況に陥ってしまう前に闇金と縁を切ることさえ出来ていれば最悪の状況を避けられた可能性はあったのではないかと本当に悔やまれます。

闇金被害が深刻化する前に司法書士等に相談を

相談するイメージ

闇金と縁を切ることは心理的に簡単な事ではないと思いますし、第三者に相談することもたいへん勇気の要ることです。

専門家への依頼もハードルが高いと感じる方が多いと思いますが、弁護士や司法書士の対応によってしっかり解決への道筋が見えてくることが期待できます。

場合によっては闇金から「司法書士などが介入したら即刻徹底的な取立てを始める」などと脅されることもあります。 ですが司法書士には守秘義務がありますから、専門家に相談中であることが闇金に知られてしまうことは通常ありえません。なので不安を感じていらっしゃる場合でも、安心してまずは相談だけでもしていただくことで、解決への第一歩を踏み出すことができるでしょう

現在闇金と取引中の方は、現状のまま支払いを強要され続けても状況を好転させることは難しく、返済が困難となって今回の事件ような最悪の状況に陥るリスクが高まるだけです。

少しでも早くこの状況を打開するため、まずは現在の苦しい状況につき司法書士に相談していただくことをおすすめします。