融資保証金詐欺に関する報道がありました SNSなどでお金貸しますなどといった話は違法業者なので注意しましょう!

|闇金情報ブログ

YAMIKIN INFORMATION BLOG

闇金情報ブログ

投稿日:2024.02.06

最新更新日:2024.07.25

ニュース・報道

融資保証金詐欺に関する報道がありました SNSなどでお金貸しますなどといった話は違法業者なので注意しましょう!

融資保証金詐欺に関する報道がありましたので紹介します。

融資保証金詐欺で約34万円被害 鳥取県警は5日、融資の保証金を巡る特殊詐欺で、境港市在住の30代男性が約34万円をだまし取られたと発表した。県警によると、昨年10月、男性が金を借りようとインターネット検索で見つけた融資会社のサイトに登録。融資のために保証料の支払いを求められ、約34万円を振り込んだという。

引用元:新日本海新聞社WEBサイト2024年2月5日配信

以前から同様の手口で被害に遭われているかたのご相談をいただくことが多く、いまだこういった詐欺被害が絶えないのが現状です。

融資保証金詐欺や貸します詐欺などと言われることが多いですが、最近では、自社のHP上で勧誘するソフト闇金や、X(Twitter)で個人融資を謳って勧誘するなど、ネット上で気軽にやり取りができてしまいます。

ネット上で申込みをすると

「審査の結果、30万円の融資枠をご用意いたしました。必要な手続きをしていただければ、すぐに融資可能です。つきましては、保証金として3万円をお振込ください。」

こういった言い回しでお金を振り込ませるといった手口です。

通常であれば、お金を借りるのに何故先に振込が必要なのかと不審に思うでしょうが、消費者金融など他から借りるあてがなく、本当に困っているといった事情のかたは、藁にもすがる思いでお金を振り込んでしまうこともあるでしょう。

しかし、いくらお金を振り込んでも30万円の融資が行われることはありません。一度でもお金を払ってしまうと、そこから芋づる式に更にお金を巻き上げられるといったことにもなりかねません。

ネット上で先にお金を振り込めといった話は100%詐欺です。X(Twitter)でお金貸しますなどのハッシュタグで勧誘しているアカウントは、ほとんどが組織的な闇金や詐欺業者です。

目先のお金のために、犯罪者と関わって詐欺被害にあわないように注意しましょう。

テーマ: