Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
 

システム金融の手口と対策

公開日:2013/12/25更新日:2018/11/19

カテゴリー:司法書士 タグ: , ,

司法書士の下東です。

システム金融という言葉をご存知でしょうか。

システム金融というのはヤミ金の一種であり,事業者向けに手形又は小切手を担保に取って融資を行うスタイルのヤミ金のことです。

手形小切手ヤミ金と呼ばれることもあります。

090金融のように粘着質な嫌がらせや激しい取り立てをすることはあまりなく,金利も低め(といっても年利数百%です)であることが特徴です。

しかし,事業者向けという性質上,融資額が高額となるため実際の金利負担も大きくなり会社の経営を圧迫することが多くあります。

システム金融の手口

システム金融は,およそ次の流れで融資を行います。

  1. 電話又はFAXで融資勧誘する
  2. 勧誘に応じた事業者に手形(小切手)を切らせ,FAXさせる(併せて,融資申込書,決算書類,取引先に関する情報等を求められることもあります)
  3. 上記手形(小切手)を書留郵便で郵送させる
  4. 郵送した際の書留郵便の封筒をFAXさせる

このように手形(小切手)を発送させてから融資を実行するスタイルが昔から多く見受けられます。

この点,システム金融は手形(小切手)を実際に受け取ってから融資を実行するわけではないので,融資金を騙し取られるリスクを抱えているわけですが,そこは信用問題ということなのでしょう。

また,手形(小切手)の郵送が先履行では経営者も馬鹿ではないですから乗ってこない,つまり融資までつなげることが出来ないという実質的な理由もあるのでしょうね。

なお,いうまでもなくシステム金融からであってもお金を騙し取れば詐欺ですからくれぐれも実行されないようお願いします。

さて,では実際に借りてしまった場合はどうなるでしょうか。

システム金融はヤミ金の一種ですから,当然高金利の返済を強いられることになります。

例えば,額面70万円の手形を渡したのであれば,実際に融資を受けられる額は恐らく40万円~50万円程度であり,これに対する返済として週に20万円程度の返済を要することとなります。

当然,このような高利ではすぐに返済に窮することとなります。

すると,それを見計らったかのように他のシステム金融から電話又はFAXが入るようになります。

既存の借入先業者に対しては手形(小切手)を渡してしまっているのであり,なんとか落とさなければ不渡りとなってしまうわけですから,事業者はこれに飛びつきます。

こうして,彼らと取引を始めてしまった会社は,1,2ヶ月の内に複数の業者と取引をせざるを得ない状況に追い込まれます。

場合によっては数十社との取引を余儀なくされるケースも決して珍しくありません。

1,2社であったとしても解決困難な高利業者との取引を数十社もしてしまっているのでは会社の経営状態が良くなるはずがありません。

システム金融と取引を始めてしまうと,このように経営破綻に近づくだけですので決して手を出さないでください。

既にシステム金融から借りてしまっている場合の対策

既に取引してしまっている場合の有効な対策は,やはり専門家を頼ることのほかないでしょう。

システム金融に対してご自身で交渉を行い,手形(小切手)を任意に返却してもらうのはほぼ不可能です。

話がこじれてしまい,手形(小切手)を交換に回されてしまってから専門家に相談をしたのでは多くの場合手遅れとなるでしょうから,無理は禁物です。

弁護士や司法書士に相談したらすぐに依頼しなければならないというわけではないのですから,相談だけでも早めにしておくことをお勧めします。

最後に,意外に多くの方が陥る状況なので念のため申し上げますが,手形帳のミミ(控えの部分)には必ず必要事項の記載をしておいて下さい。

忙しさを理由にして全く記載せずにいたため,どの業者にどの手形を交付したのか全く把握していない社長さんが多くいらっしゃいます。

誰に対して,どの手形(手形番号,振出日,額面金額は必須。支払期日や受取人は白地で振出の場合が多いので空欄でもかまわない)を交付したのかが明瞭でなければ,確実な不渡り回避など出来るわけがありませんので,その点は確実に記載しておくよう徹底されるべきでしょう。

書き込みする

メールアドレスが公開されることはありません。

0120-830-742
お問い合わせ 闇金対策ブログはこちら 情報提供掲示板はこちら
司法書士による闇金対策ブログはこちら
情報掲示板はこちら
     相談に対応するオペレーター