不感温度

公開日:2014/04/23更新日:2014/04/23

カテゴリー:相談員

ゆっくりとお風呂に入って疲れをとりたいと思い,近場の銭湯に行きました。
やっぱり大風呂はいいですよねえ。

体を洗った後,内湯であたたまってからミストサウナに行き,汗を流して次は露天風呂・・・という感じでいろんなお風呂に入って楽しんできたのですが,今回気に入ったのは「不感温度温泉」というやつです。

体温と同じ35℃くらいのお風呂で,その名の通り入っていても何も感じません。体の力を抜いて目を閉じると,熱くもなく寒くもないちょっと不思議な感覚が楽しめます。熱いお風呂に入るとのぼせやすいという方にも,オススメですよ。

話は変わりますが,カエルを冷水に入れてゆっくりと温度を上げていくと,カエルは水温の温度を知覚できず茹で上がるまで逃げないという話をなにかで読んだことがあります。

生きてはいられない温度になるまで逃げずにじっとしているというのがなんだか怖いです。

最初は,給料日までの数日をしのぐために軽い気持ちでヤミ金から借りたという人が,何度か取引を重ねるうちに高利の返済に詰まり,いつのまにか何社ものヤミ金から借り入れてしまい返済に追われるようになってしまうというのはよく聞く話です。

多くの方が「もうこれ以上は返済できない」という段になってから,初めてヤミ金問題の相談に来られます。

ヤミ金に法外な利息を請求されていても,返済できているうちは問題をあまり深刻に考えないかもしれません。しかし,取引を続けている間にどんどん状況は悪化しているのです。

ヤミ金被害にもっと敏感になって,茹で上がってしまう前に専門家に相談してください。

書き込みする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


0120-830-742
お問い合わせ 闇金対策ブログはこちら 情報提供掲示板はこちら
司法書士による闇金対策ブログはこちら
情報掲示板はこちら
相談に対応するオペレーター