口座売買のリスク

公開日:2014/06/27更新日:2014/06/27

カテゴリー:相談員

先日,口座を売買した容疑で逮捕者が出たというニュースを見ました。売られた口座は詐欺事件に使われており,口座を売った人間も逮捕されたそうです。

「紛失したと言えば大丈夫」「あなたに迷惑は掛からないですよ」などという業者の甘言を信用して犯罪に加担してしまう人が後を絶ちませんが,結果はニュースのとおりです。

中には「口座を第三者に渡すのは悪いことだ」とわかっている人もいたでしょう。犯罪といっても,殺人や強盗と違って口座や携帯電話を業者の指定した住所宛に郵送するだけなので,やる方はあまり悪いことをしている気分にならないのかもしれません。しかし,送った口座や携帯は,間違いなく犯罪に使われます。その行為が多くの犯罪被害を生むことになるのです。

口座の売値が1万程度だということに驚きました。捕まるリスクに見合わない報酬だなぁと思います。誘いを受けることがあっても,絶対にこのような不正行為に手を出さないでください。

口座売買を持ちかけられたというヤミ金被害者の方は多くいらっしゃいます。返済に詰まった被害者の方が支払いを猶予してもらうためにこうした取引に応じてしまうのですが,こうした行為はご自身の口座が凍結されたり逮捕されるという大きなリスクを負います。

ヤミ金への返済に詰まったら,「どうにかして返さなければ」「どうやって許してもらおう」と考えるのではなく,相手と手を切ることを考えてください。そして速やかに弁護士・司法書士に相談し,ヤミ金問題を解決しましょう。

書き込みする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


0120-830-742
お問い合わせ 闇金対策ブログはこちら 情報提供掲示板はこちら
司法書士による闇金対策ブログはこちら
情報掲示板はこちら
相談に対応するオペレーター