ラビットバンク「月島」と取引中のかたは,警察や専門家に相談しましょう

公開日:2021/11/25更新日:2021/11/25

カテゴリー:闇金情報 タグ: , , , , ,

悪質な闇金一覧はこちら

闇金ラビットバンク月島に関する情報

ラビットバンク「月島」と取引中のかたは,警察や専門家に相談しましょう

ラビット 月島のLINEアカウント

業者名
ラビットバンク月島(ツキシマ)
種別
闇金
悪質度
★★
住所
不詳
HP URL
不詳
詐称登録番号
なし
電話番号
不詳
LINEアカウント
ラビット 月島※2021年11月現在
対応実績
あり
手口
・1週間で10割(年利5214%超)程度の高金利の利息を請求する。
・返済が遅れると脅迫的なメッセージを送り付けてきたり,勤務先にまで取立ての電話をすることがある。
・初回1~2万円程度からの貸付け。

ラビット月島は年利5214%にも及ぶ超高金利

このラビット月島と名乗る貸金業者は,一般消費者向けに携帯電話で融資勧誘を行い,無登録で貸金業を営む闇金です。店舗を構えずに携帯電話のみで営業する,いわゆる090金融と呼ばれる闇金の一つです。

3万円の融資を申し込むと,あらかじめ利息と手数料が先引きされた1万5000円程度が実際に受け取ることのできる金額になります。

したがって,1万5000円の元本に対して3万円で完済させるという内容の貸付けです。

金利を計算すると,1万5000円の元本から1週間で1万5000円の利息が発生することになります。なお「手数料」として先引きされた分については法律上利息とみなされます。

つまりは,元本と同程度の利息を1週間ごとに請求してきます。完済するためには倍にして返済しなければなりません。

年利に換算すると月島の貸付利率は5214%程度に相当する超高金利であり,違法な貸付けであることは言うまでもありません。

元本の返済義務もないことは明らか。支払いはやめましょう

闇金月島の上記のような高金利融資については,利息はもちろん元本の返済義務もまったくないものと言えます。

法律上定められた上限よりも260倍ほど高い金利ですから,月島に対しては1円たりとも支払う義務はないのです。

それにもかかわらず,脅したり嫌がらせをしたりして強引に払わせようとするのが闇金のやり方です。

月島からの請求には一切応じる必要がありません。

それどころか,支払う意思を見せてしまうと相手のしつこい催促がさらにエスカレートしてしまう危険性すらあります。

闇金月島にお金を払い続けることは絶対におすすめできません

現在も取引中のかたは,少しでも早く弁護士や司法書士に相談して請求をストップさせるように対処しましょう。

書き込みする

メールアドレスが公開されることはありません。

0120-830-742
お問い合わせ 闇金対策ブログはこちら 情報提供掲示板はこちら
司法書士による闇金対策ブログはこちら
情報掲示板はこちら
相談に対応するオペレーター