LINE闇金松本との取引はすぐにストップ!個人間融資は非常に危険です

公開日:2022/11/24更新日:2022/11/22

カテゴリー:闇金情報 タグ: , , ,

闇金リストはこちら

LINE名:マツモト(漢字:松)

松本のLINEアカウント

闇金松本に関する情報

業者名
松本(マツモト)
種別
闇金
悪質度 (悪質度とは
悪質度2 ★★(低め)
住所
不詳
HP URL
不詳
Twitterアカウント
不詳
詐称登録番号
なし
電話番号
不詳
LINEアカウント名
マツモト※22年11月現在。
対応実績
あり
手口
・SMSで融資勧誘を行う。申込後のやりとりは主にLINEで行い、身分証や顔写真の画像、緊急連絡先の情報などもLINEトーク上で送信させる。
・7日間で元本の6割6分に相当する利息を請求する。年利3476%程度に及ぶ超高金利での貸付けを行う。
・不都合なことがあると、番号非通知でイタズラ電話をかけてくることがある。ネット上で個人情報や顔写真、身分証の画像を拡散するなどと脅迫してお金を払わせることもある。

闇金松本(LINEアカウント:マツモト)の貸付けの内容は?

このマツモトというLINEアカウントは無登録で違法な貸金業を営む闇金です。

この闇金が持ち掛ける融資の内容は、7日間で元本の6割6分に相当する高金利の利息を要求するというものです。
具体的な取引の内容としては、1万5000円の貸付元本に対して7日ごとに1万円の利息を請求するというもので、年利に換算すると3476%程度に相当する高金利契約です。

一般的な消費者金融など正規の貸金業者における上限の173倍という、著しく高い利息を請求する非常に悪質な高金利の融資を行っています。

このような取引が違法な貸付けであることは言うまでもないことであり、利息はもちろん、受け取った元本の返還義務も法律上一切ないものといえます。
したがって、本業者から執拗な督促を受けたとしても、1円たりとも支払う義務はありません。

違法な高金利の取引は生活の破綻を招く

上記のような高金利の取引は生活の破綻を招く可能性が高いです。

最初は少額だし楽に返せるだろうと思って取引を始めても、数回の取引で元本の倍以上を支払う必要がある悪質な融資内容ですから、支払えなくなってしまうのは当然です。

例え返済できる収入の見込みがあったとしても、謂れのない請求を受け続ける危険性もあります。

また、補填のために新たな業者と取引を始めてしまったり、返済のため犯罪行為に手を染めてしまう恐れもありとても危険です。

マツモトのような闇金業者と取引を始めてはいけません。もし取引を続けている方がいらっしゃれば、早急に縁を切るべく対策を執る必要があります

個人間融資は危険性が高い

マツモトのように個人名を名乗り、屋号を出さない業者は非常に多く存在します。

こうした業者は「うちは個人でやっている。少し金利が高いが闇金じゃないよ、遅れる時は相談してね」などと嘯くこともありますが、組織的な闇金業者であることがほとんどです。支払いが少しでも遅れると即座に激しい取り立てを受ける危険性があります。個人と取引しているつもりでも実は既に闇金と取引をしている状態なのかもしれません。

また、闇金業者と取引をすると借り入れに使った銀行口座が凍結されてしまう恐れがあります。

このようなリスクと隣り合わせの取引は即刻止め、司法書士に解決のため相談しましょう

マツモトは悪質度★★(低め) 平和的解決可能な闇金です

このLINE闇金マツモトは、当事務所で対応実績がある業者であり、当事務所の司法書士の対応によって最短即日取立てをストップさせることができる闇金です。

当HPでは悪質度★★(低め)に分類しています。

悪質度★★(低め)の闇金は当事務所が介入した事案において直ちに取立てを諦める傾向が強い業者です。

取引中はかなり過激な脅し文句を並べることがあるかもしれません。しかし、司法書士が間に入って交渉すると比較的冷静に話し合いをすることができ、平和的な解決が期待できます。

早めに相談することで、本来払う必要のないお金をより多く搾り取られてしまうことを避けることができ、嫌がらせや取立てもできる限り早期にストップさせることができるようになります。

闇金松本への返済や取立てにお悩みの方は、早めに当司法書士事務所にご相談ください。

書き込みする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


0120-830-742
お問い合わせ 闇金対策ブログはこちら 情報提供掲示板はこちら
司法書士による闇金対策ブログはこちら
情報掲示板はこちら
相談に対応するオペレーター