Twitterアカウント「個人融資カサイ」SNSを使用する闇金の実態とは?

公開日:2022/11/27更新日:2022/11/25

カテゴリー:闇金情報 タグ: , , , ,

闇金リストはこちら

カサイのTwitterアカウント

カサイのTwitterアカウント

闇金個人融資カサイに関する情報

業者名
個人融資カサイ
種別
闇金
悪質度 (悪質度とは
悪質度2 ★★(低め)
住所
不詳
HP URL
不詳
Twitterアカウント
個人融資カサイ⑤@K6gGXYr56WFRGSz
詐称登録番号
なし
電話番号
不詳
LINEアカウント名
カサイ※22年11月現在。
対応実績
あり
手口
・Twitterで「個人融資」をうたい融資勧誘を行う。申込後のやりとりは主にLINEで行い、身分証や顔写真の画像、緊急連絡先の情報などもLINEトーク上で送信させる。
・9日間で元本の8割3分ほどに相当する利息を請求する。年利3379%程度に及ぶ超高金利での貸付けを行う。
・不都合なことがあると、番号非通知でイタズラ電話をかけてくることがある。ネット上で個人情報や顔写真、身分証の画像を拡散するなどと脅迫してお金を払わせることもある。

カサイのLINEアカウント(初期アイコン)

カサイのLINEアカウント

闇金カサイの貸付けの内容は?

このカサイというTwitterは無登録で違法な貸金業を営む闇金です。

個人融資と謳っておりますが組織的な闇金業者の恐れもあり、本業者との取引の継続は非常に危険です。

この闇金が持ち掛ける融資の内容は、9日間で元本の8割3分に相当する高金利の利息を要求するというものです。
具体的な取引の内容としては、1万8000円の貸付元本に対して9日ごとに1万5000円の利息を請求するというもので、年利に換算すると3379%程度に相当する高金利契約です。

一般的な消費者金融など正規の貸金業者における上限の169倍以上という、著しく高い利息を請求する非常に悪質な高金利の融資を行っています。

さらに、申し込みにはもちろん勤務先や緊急連絡先などの情報を要求されます。高金利の利息の返済による生活状況の悪化に加え、取立てのリスクまで加わるとなると、カサイとの取引にはデメリットしかありません。

荒っぽい態度で脅迫的な取立てをされる恐れが

しかし、上記のように1円の返済義務もないにもかかわらず、厳しい脅迫や陰湿な嫌がらせによって強引にお金を払わせようとするのが闇金の怖いところです。

もし返済ができない状況になってしまうと、勤務先や緊急連絡先へもしつこく取立てをされる危険性があります。

また、身分証や顔写真などの画像を個人情報とともにネット上に晒すといった陰湿な脅しによって金を払わせるという取立て方法を用いる業者も少なくないです。
支払いができないまま放置していると、実際に掲示板やSNS上に個人情報が晒されるケースもよくあります(詳しくは「闇金業者による晒し行為の実態と対処法」を参照)。
一度ネット上に晒された情報は、それを消し去ることは大変に厳しく、投稿を削除するよう申し入れたところでそのための手数料などと称して非常に高額な金銭をだまし取られる危険性もあります。

返済が厳しくなってきたという場合は、早めに対策を講じておかなければ、このように取り返しのつかない状況になってしまう恐れがあるのです。

SNSでの個人間融資は非常に危険 安易に手を出すべきではない

昨今ではTwitterやInstagramの普及に伴い闇金業者も各種SNSに進出し、個人間融資を隠れ蓑に暴利で融資を行っています

ツイートでは丁寧な文言で低めの金利、周期も給料日合わせでいいなど耳触りのいい文章で融資勧誘を行うこともあります。

しかし実際に融資の申し込みをしてみると悪質な融資内容であることがほとんどです。

カサイも1~20万の融資が可能と大口の融資ができると謳っておりますが、本記事記載の数万円程度の取引内容に留まる可能性が高く、実績を積んだら融資する等と先延ばしにされて延々と利息を絞り取られる可能性が高いです。

また、実際に融資されたとしてもこのような悪質な高金利ですから、より生活状況の悪化を招くことに繋がりかねません。

このような危険な取引はすぐに止め、解決に向けて動き出しましょう。

カサイは悪質度★★(低め) 平和的解決可能な闇金です

このTwitter闇金カサイは、当事務所で対応実績がある業者であり、当事務所の司法書士の対応によって最短即日取立てをストップさせることができる闇金です。

当HPでは悪質度★★(低め)に分類しています。

悪質度★★(低め)の闇金は当事務所が介入した事案において直ちに取立てを諦める傾向が強い業者です。

取引中はかなり過激な脅し文句を並べることがあるかもしれません。しかし、司法書士が間に入って交渉すると比較的冷静に話し合いをすることができ、平和的な解決が期待できます。

早めに相談することで、本来払う必要のないお金をより多く搾り取られてしまうことを避けることができ、嫌がらせや取立てもできる限り早期にストップさせることができるようになります。

Twitterアカウント個人融資カサイへの返済や取立てにお悩みの方は、早めに当司法書士事務所にご相談ください。

書き込みする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


0120-830-742
お問い合わせ 闇金対策ブログはこちら 情報提供掲示板はこちら
司法書士による闇金対策ブログはこちら
情報掲示板はこちら
相談に対応するオペレーター