闇金に脅されていませんか?

公開日:2018/03/24更新日:2018/03/24

カテゴリー:相談員 タグ: , ,

みなさんこんにちは! 相談員の佐野です。 都内で桜が咲き始めました。 暖かい日も増えて,すっかり春らしくなってきましたね。 みなさんお花見の計画は立てましたか? まだ寒い明け方や夜のうちから場所取りをするという方は防寒対策をしっかりして,楽しんだ後はゴミをきちんと片付けて,マナーを守ってお花見を楽しみましょう。 さて今回は,闇金に脅されて困っている方の具体的な被害例を紹介していこうと思います。 闇金は人を騙すことを生業としていますから,冷静に考えればあり得ないようなことを巧妙な話術でまことしやかに語ってきます。 そして恐怖で判断能力が鈍ってしまうと,簡単に闇金の罠にかかり莫大な金額を請求され,払ってしまう方が多いです。

「職場にかけてクビにしてやる」

ほとんどの場合,最初に融資を受ける際に勤務先の情報を聞かれます。それは後で返済が滞った場合にこの様な脅しをかけるためなのです。 しかしだからと言って,言われるがままにいつまでも支払いを続けていけるわけはありません。要するに闇金に教えてしまった時点で,職場に嫌がらせを入れられることはほぼ決定事項なのです。 この段階で取るべき行動は,借金を更に増やして闇金に返済することではなく,職場の協力を得て迅速に縁を切ることです。 職場にきちんと根回しをした上で専門家に依頼をし,きちんと対応をすれば,闇金問題は解決できます。

「家まで行くからな/子供を誘拐してやる」

近年の闇金は,実際に自分で出向くということはほぼ考えられません。通報された時点ですぐに逮捕されることがわかっているからです。 よってほとんどの嫌がらせは,電話などの間接的にできることです。女性の方や小さいお子様がいる方は特にこの様な脅しに恐怖を感じられると思いますが,過度に心配をする必要はありません。もし何か不安に感じることがあれば,我慢せずその場ですぐに警察に通報しましょう。

「弁護士とか司法書士入れたらただじゃおかない」

これは「絶対入れるなよ」と牽制してくるパターンと「うちは入れても無駄だからね」と余裕を見せてくるパターンの大きく2つに分かれますが,どちらにしても専門家に介入されると手を引かなければいけないことがわかっているから言うのです。初期の段階でこの脅しをかけられ,相談したかったがずっとできずにいたという方はとても多いです。闇金問題は個人で解決するのは極めて難しく,ほとんどの場合専門家の介入が必要です。決して一人で抱え込まず,当事務所の様な専門家に相談しましょう。

まとめ

上記でご紹介した例はよく使われる脅し文句ですが,これ以外にも闇金は様々な手法でお金を請求してきます。 重要なのは,脅されても一人で抱えこまずすぐに専門家に相談することです。 闇金は,きちんと対応すれば解決できる問題です。相手の言葉を鵜呑みにせず,まずは当事務所の様な専門家に相談しましょう。

関連記事

書き込みする

メールアドレスが公開されることはありません。

0120-830-742
お問い合わせ 闇金対策ブログはこちら 情報提供掲示板はこちら
司法書士による闇金対策ブログはこちら
情報掲示板はこちら
     相談に対応するオペレーター