借りるつもりはなかったのに…闇金の強引な貸付手口にご注意下さい!

公開日:2018/04/18更新日:2018/08/08

カテゴリー:相談員 タグ: ,

相談員の石川です。 闇金被害者のことを自業自得と切って捨てる人がいますが,そうとばかりは言い切れません。もちろん,消費者金融などからは借りることができず「知った上で借りたし,また借りる」という闇金中毒と言えるような方も中にはいます。しかし,最近はごく普通に働いて生活している方が「うっかりと被害に遭う」というケースが増えています。

融資審査サイトの裏に闇金がいる

いくら闇金でも,無限にある数字の組み合わせを片っ端から試して電話をかけるわけではありません。必ず,元になるリストが存在しています。ではそのリストはどのように作られるのでしょうか。 ひと昔前なら官報に載っている自己破産者やサラ金の多重債務者の名簿などが闇金に流れ,「お金に困っていませんか?」と勧誘して客を引っ張る手口が横行していました。

最近は,ネット上の個人間融資掲示板に書き込みをした方や,融資審査サイトから申し込みをしたあとにたくさんの勧誘電話が入るという相談を多くいただいています。

 

多重債務者貸金組合ですとか多重債務者救済システムなどと名乗る怪しいサイトをご覧になったことはありませんか?問い合わせフォームに必須事項を記入するだけで50社(すべて闇金)の審査を受けられる有り難くないサイトです。

「多重債務者専門の審査だから安心」「融資率99%」など,信憑性の欠片も感じられない言葉が並ぶこのようなサイトの裏にいるのは闇金ですから,あなたの個人情報を絶対に入力しないでください!

「ここは大丈夫だから借りよう」と思わないで!

「話を聞いてヤバそうなら借りなければいい」と軽い気持ちで申し込みをしたという話をよく聞きますが,闇金には申し込みの裏にある「ほんとうに簡単に借りれるなら借りたい!」っていう気持ちが透けて見えているんですよね。

「30万のご融資枠取れましたよ!すぐ振込可能です」担保もなく電話ひとつでこんな融資ができるわけがありません。ところが,被害者はトントン話を進められて悩んだり考えたりする間もなく必要事項を聞かれ気が付いたら取引に持ち込まれてしまったのです。途中でおかしいと思わないのか?という疑問を持つかもしれませんが,闇金の話のうまさと,被害者側の借りたい気持ちが2割り増しくらいに聞こえを良くしているのかもしれません。

 

お金がすぐに必要なのにどこも貸してくれないと悩んでいるときに,「うちはそういう人を助けるためにやっている」とか「実績を積んでくれれば必ず枠は広げますよ」と言われてついその気になってしまうのは誰にでも起こりうることだと思います。 話を聞いて断るつもりであっても,闇金に申し込みをしてはダメです!

借りたくなくても押し貸しする闇金

その気にさせる闇金にも困りますが,もっと怖いのが「借りたくないのに契約させる闇金」です。

つい先日こんな相談がありました。 この方は給料日までの間に少しだけ借りたいという気持ちで申し込みをしたそうですが,かかってきた電話で話を聞いて正規の業者ではなさそうだし「やっぱりもう少し考えさせてください」と伝えました。しかし,業者からは「テスト送金が終わりました。信用を付けてもらいますのでまずは明日3万円振り込んでください」といきなり言われたのです。

テスト送金って何?とあわてて口座を確認したら1000円が振り込まれていたそうです。これを1日で30倍にして返せって,どう考えても無茶な話です。しかも「返済してもらえないと会社に連絡することになる」などと脅迫もしてくる悪質極まりない闇金業者でした。

 

覚えておいてほしいのですが,取引をするかどうか決めるのは借りる側ではなく闇金です。振込に必要な情報と返済が滞った時のための連絡先を押さえれば,闇金からしたら成約なんです。あとは勝手に振り込んで返済を迫ればいい。 信じられないかもしれませんが,最近はこうした強引で詐欺的な手口で取引に持ち込む悪質業者が後を絶ちません。

あまたの闇金業者の中には,比較的まともに付き合える闇金が存在すると思っている方は考えを改めてください。優良な闇金はいません。

関連記事

掲示板に書き込みする

メールアドレスが公開されることはありません。

0120-830-742
お問い合わせ 闇金対策ブログはこちら 情報提供掲示板はこちら
司法書士による闇金対策ブログはこちら
闇金情報提供掲示板はこちら
     闇金相談電話に対応するオペレーター