ソフト闇金クレリカの手口|HPの内容は信用してはいけない!

公開日:2018/08/18更新日:2018/10/22

カテゴリー:闇金情報 タグ: , ,

悪質な闇金一覧はこちら

ソフト闇金クレリカのホームページの画像

ソフト闇金クレリカのHP

ソフト闇金クレリカに関する情報

業者名
クレリカ
種別
闇金
悪質度
★★
住所
不詳
HP URL
http://www.crerica.com/
詐称登録番号
なし
電話番号
不詳
LINE名
市川 1kawa
手口
・自社HPで「ソフト闇金」をうたい広告・勧誘を行う。
・10日~2週間の周期で,実質では最大8割程度の高金利の利息を請求する。
・申込み後のやり取りは主にLINEで行う。

ソフト闇金クレリカへの対処方法

クレリカ」は,自ら運営するホームページでソフト闇金をうたって融資の広告を行う違法金融業者です。

借入れの申込みはホームページの入力フォームから個人情報を送信することで行い,その後個別にLINEで担当者とやりとりをすることになります。

トップページには「最短30分で即日融資」「ブラックの方や総量規制で借りれない方でも融資が可能」などの宣伝文句が見られます。

これらの記載にはすべて闇金側に都合の良いことしか書かれていませんので,それらを信用して優良な業者と判断することはたいへん危険です

利息と返済周期のページに記載されている利率は「10日で30%,2週間で40%」となっていて,手数料3000円が天引された額が貸し付けられるとの説明があります。

記載されている利率は完済金額に対する割合であり,一般的な090金融(10日間で5~10割程度が多い)に比べて低めであると事実誤認させるような表示がなされています。

ソフト闇金全般に言えることですが,上記利息と手数料は一般的な金利の計算方法でみると,2万円完済で10日周期の枠の場合,1万1000円の貸付けに対し利息として同額の9000円を上乗せして返済しなければならないので,実際には10日で8割超の高金利です。

一般的な金利の計算方法に従うならば,10日で3割というHPに書かれている金利はウソになります。

申込後のやりとりはLINEで,身分証の確認や口座の指定,入金の確認もすべてLINEで行います。

直接通話する機会も少なく,気楽に取引を行うことができますが,LINEのみの闇金でもいざ取立ての段階になると非通知で勤務先に電話をかけてくる等悪質な取立てを行う業者が多いので要注意です

また,闇金一般に言えることですが,闇金業者は他の業者と顧客情報を共有している場合が多く,1社でも個人情報を送ってしまうと多数の違法業者に情報が出回り,最悪の場合個人情報を悪用される可能性があります。

そして,ソフト闇金は,口座買取りによる資金調達を持ち掛け,使っていない口座や新規に開設した口座を送るよう要求してくる業者も多く,これによって送った本人が逮捕されてしまう可能性があり,実際に口座を譲渡して逮捕されてしまった例が多発しています。

LINEのみの業者でも,いざ取立ての段階になると番号非通知で勤務先に電話をかけてきたりすることが多いです(詳しくはブログ記事「ソフト闇金の最新手口 - LINEの業者も危険!-」をご覧ください)。

このように実態は一般的な090金融と何ら変わりはないため,ソフト闇金はLINEをブロックして無視していれば大丈夫などと安易に考えるのは危険です

完全に手を引かせるための交渉は必ず弁護士や司法書士などの専門家に相談し,適切な対応を行ってもらうようにすることをお勧めします。

関連記事

書き込みする

メールアドレスが公開されることはありません。

0120-830-742
お問い合わせ 闇金対策ブログはこちら 情報提供掲示板はこちら
司法書士による闇金対策ブログはこちら
情報掲示板はこちら
     相談に対応するオペレーター