Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
 

ソフト闇金ブルーリボンは本当に”優良”なのか?

公開日:2019/12/08更新日:2019/12/06

カテゴリー:闇金情報 タグ: , , ,

悪質な闇金一覧はこちら

ソフト闇金ブルーリボンに関する情報

業者名
ブルーリボン
種別
自称ソフト闇金
悪質度
★★
住所
不詳
HP URL
https://softchashing.xyz/
詐称登録番号
なし
電話番号
不詳
手口
・ホームページで他の闇金よりもソフトな対応を売りにして集客を行う。
・1週間~2週間で,完済金額の3割~5割の利息を請求する。5000円という高額の手数料がかかる。

★ソフト闇金一般の手口・業者情報一覧は『ソフト闇金の最新手口―LINEを利用した取立て方法とは?』ページをご参照ください。

ブルーリボンの手口詳細

ブルーリボンは,自ら運営するホームページでソフト闇金をうたって集客を行う違法金融業者です。

借入れの申込みはページ内の申込みフォームから個人情報を送信することで行い,その後個別にLINEや電話で担当者とやりとりをすることになります。

トップページには「ブラックOK」「確実に借りられます」などの売り文句が見られ,「優良ソフトヤミ金」との記載もみられますが,実際はどういう業者なのでしょうか。

貸付条件のページに書かれている融資の内容は以下のとおりです。

  • 1週間周期:利息30%と手数料5000円が先引きされた金額の貸付け
  • 10日間周期:利息35%と手数料5000円が先引きされた金額の貸付け
  • 14日間周期:利息50%と手数料5000円が先引きされた金額の貸付け

例えば2万円の融資枠で1週間周期の申込みをした場合,3割の利息で6000円と手数料5000円が先引きされ,9000円が実際に手元に振り込まれる金額になります。

このとき,30%という利息は実際に受け取った元本ではなく,融資枠の2万円に対する割合であることと,手数料は法律上利息とみなされる(利息制限法3条)ことに注意しましょう。

1週間後に2万円全額を支払って完済となりますので,実質的には9000円の元本に対し,1週間で1万1000円もの利息が発生することになります。

個人情報の管理は徹底されているのか?

個人情報の徹底管理

また,HPトップには「個人情報の徹底管理」と書かれていますが,これはまったく信用できるものではありません

闇金全般に言えることですが,闇金業者は他の業者と顧客情報を共有している場合が多く,1社でも個人情報を送ってしまうと多数の違法業者に情報が出回りいろいろと悪用されてしまいます。

特にHPを設けているソフト闇金の場合は複数の業者が情報を交換し合い,互いに借入れや申込みの情報を共有している場合がとても多いのでその危険性も大きいです。

返済が滞ったりすると「回収業者に情報を回す」などと言われることもありますので,個人情報の徹底管理などまったくのデタラメの話です。
申込みの際に個人情報を送るだけで様々なリスクが発生します。勤務先や関係者の連絡先なども絶対に教えてはいけません

ソフト闇金などとうたっていますが,実際には他の闇金業者とはまったく変わらないどころか,むしろきわめて悪質性の強い取立てをされたという被害例が後を絶ちません。

結局はただの恐喝屋集団であり,取引を行うことには大変な危険が伴います。

ソフト闇金ブルーリボンと取引をされている方は,弁護士や司法書士などの専門家に相談して下さい

書き込みする

メールアドレスが公開されることはありません。

0120-830-742
お問い合わせ 闇金対策ブログはこちら 情報提供掲示板はこちら
司法書士による闇金対策ブログはこちら
情報掲示板はこちら
     相談に対応するオペレーター