後払い現金化「ツール市場」などの業者が闇金容疑で逮捕

公開日:2022/09/02更新日:2022/09/08

カテゴリー:ニュース・報道 タグ: , , ,

警察署

後払い現金化業者「ツール市場」などの運営者が逮捕されたことが,2022年9月2日に報道されました。
以下報道記事の抜粋・要約を掲載いたします。

「情報商材」の売買を装った現金化ビジネスで違法な高利貸をしたとして,「ツール市場」など五つのサイトで客を勧誘していた男女10人を出資法違反容疑で逮捕したと,警視庁が2日発表した。

10人は20年9月~21年11月,香川県内の30代男性ら10人に対し,84回にわたって法定金利の34~139倍で金を貸し付け,約139万円を不当な利息として受け取った疑い。

警視庁によると,2020年9月からの約1年間で約7400人の客に対して約2億8000万円の利益を得たとみている。

容疑者らの運営サイト「ツール市場」などでは,ほとんど価値のない情報商材(PDF資料)を販売し,「最長1カ月後の支払いが可能」とうたう一方,商品レビューを投稿すると代金の半額ほどの現金がレビュー報酬の名目ですぐに振り込まれ,これによって即日融資が受けられる仕組みだった。

警視庁生活経済課は,こうした仕組みは「後払い現金化」と呼ばれるもので,キャッシュバック分の現金と情報商材の代金との差額が「利子」に当たると判断。金利は年109.5%を大幅に超える違法な高金利だったとみている。

朝日新聞デジタル 2022/9/2 11:19配信記事より要約

摘発されたツール市場は当事務所でも対応実績がある業者であり,多数の被害相談が寄せられていた後払い現金化業者です(詳細は後払い現金化業者「ツール市場」の情報のページを参照)。

当事務所でも,本業者は1ヶ月足らずの短期間で借りたお金を倍返しにて返済しなければならないという悪質な取引であったことを確認していたため,高金利の闇金業者として対応していました。

ツール市場のLINEアカウント画像

現在でも後払い現金化や,それに代わる先払い買取現金化の手口によるトラブルが後を絶ちません。

これらは売買契約を装っていますが,紛れもなく高金利の貸付けを行う闇金業者です。

後払い・先払い買取現金化利用中の方は,これ以上の深刻な被害を受けてしまわないよう,早めに弁護士や司法書士など専門家にご相談下さい

●当事務所で取り扱ったことのある後払い・先払い買取現金化業者一覧はこちらをご覧下さい。
●後払い現金化の手口についてはこちらをご覧下さい。

書き込みする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


0120-830-742
お問い合わせ 闇金対策ブログはこちら 情報提供掲示板はこちら
司法書士による闇金対策ブログはこちら
情報掲示板はこちら
相談に対応するオペレーター