LINE上で取引できる自称ソフト闇金から酷い取立てを受けた

東京都在住35歳Aさんの闇金被害

借入件数 3社
闇金の種類 ソフト闇金

ホームページがあるため信用できるソフト闇金かと思った

東京都在住のAさんは,消費者金融から限度額いっぱいまで借りてしまっていることから急な出費のためのお金の工面に困っていました。 そんな折に,Aさんはインターネット上でソフト闇金を自称する業者のホームページを見つけました。そこに書いてあった金利は通常より高いものであったものの,少しの借入であれば払いきれない程の金額ではなかったことや,きれいなホームページであったので信用できるように思われたことから,闇金とは分かりつつも申し込みフォームを使って融資の申し込みをしました。 すると,申し込みに対してすぐに返信がありました。そこで実際に提示された金利はホームページ上で記載された金利よりも高いものでしたが,無理をすれば払えないほどのものではなかったので,Aさんは結局そのソフト闇金業者から借りることにしました。

取立ては全くソフトではなかった

Aさんはその後借入を一度で完済する予定でしたが,やはり金利が高かったことから金利だけの支払いを続けていました。しかし,給料日は月に一度しかないのにソフト闇金への返済は毎週やってきますから,どんどん返済は困難になっていき,ついに返済期日に支払ができなくなってしまいました。 すると自称ソフト闇金であったはずの業者は豹変。すぐに矢のような督促が入るようになりました。 しかしお金は用意できないので給料日まで待ってくれるよう説明しても,「友人・知人に借りてでも用意しろ」「会社の金を横領すればすぐに払えるだろう」等といわれ,全く話し合いになりませんでした。

司法書士に依頼したことでソフト闇金と訣別

金策のあてもなく,かといってソフト闇金がいうような会社の金を横領するなどということができるはずもなく途方に暮れたAさんは,どうにか解決できる方法はないかと当事務所にご相談のお電話をくださいました。 そこで当事務所は,ソフト闇金に関する一般的な注意点や解決方法を提示し,契約内容も詳細に説明した上でAさんからの依頼を受け,業者との交渉を開始しました。 ソフト闇金業者は自称「ソフト」に過ぎず,取立内容や金利は全くソフトとはいえません。 しかし,司法書士などの専門家が間に入ると,すぐに取立てを止めて手を引く傾向があるタイプの闇金でもあります。 実際に,Aさんの件では,全てのソフト闇金業者がすぐに話し合いに応じたため平和的な解決ができました。

司法書士のコメント

自称ソフト闇金による被害は年々増加傾向にあります。

被害者の方は,業者のホームページや物腰の柔らかい話し方などから信用できると判断してしまったとお話になる方が多いです。

しかし,上記相談事例でみたように,ソフト闇金といっても通常の闇金に借りるのとほとんど違いはありません。ソフト闇金だから大丈夫,ホームページがあるから大丈夫と妄信せずに,犯罪者から金を借りるということはどういうことかについて慎重に考えてみてください。

0120-830-742
お問い合わせ 闇金対策ブログはこちら 情報提供掲示板はこちら
司法書士による闇金対策ブログはこちら
情報掲示板はこちら
     相談に対応するオペレーター