宗教法人を装った事業者向け闇金逮捕

公開日:2017/11/02更新日:2017/11/02

カテゴリー:ニュース・報道 タグ: , ,

宗教法人を隠れみのにして,主に事業者向けに違法な貸付を行っていた宗教法人の代表らが逮捕されたようです。

寄付・布施や祭具の購入を装って高金利での返済を要求するといった特徴はありますが,担保として小切手や手形を要求するなど典型的な事業者向け闇金の手口であるといえます。

宗教法人隠れみのに「ヤミ金」10億円超貸し付け、77歳代表ら逮捕 兵庫県警など

宗教法人を隠れみのにして「ヤミ金融」を営み、高金利で現金を貸し付けたとして、兵庫など3県警の合同捜査本部は1日、出資法違反の疑いで、宗教法人「至誠光魂(しせいこんごう)寺」代表、立石扇山(せんざん)容疑者(77)=佐賀県伊万里市大坪町乙=と、元法人職員ら41~70歳の男女3人を逮捕した。

 兵庫県警によると、立石容疑者らは貸金業の登録を受けない「ヤミ金融」を経営。平成23年7月~今年1月、少なくとも42都道府県の約380の個人・法人に対し、法定金利の上限(1日あたり0・3%)を上回る超高金利で計約10億7千万円を貸し付け、利息を含め計約16億円を回収した。融資先の企業経営者らは「別のヤミ金業者から至誠光魂寺を紹介された」などと説明しているという。

 逮捕容疑は27年12月~28年2月、兵庫県内の建築業の男性(80)ら2人に計66万円を貸し付け、法定金利を上回る11万円の利息を受け取ったとしている。

 県警によると、立石容疑者は融資の際、あらかじめ貸付額と同額の小切手を振り出すよう顧客に要求。さらに「ネイチャーパワー」が含まれると称した安価な湯飲み茶碗(ちゃわん)などを高額で売りつけていた。

 合同捜査本部は湯飲み茶碗などの物品代が事実上の利息に当たると判断し、摘発に踏み切った。寄付を装って利息を回収するケースもあったという。

 宗教法人は、22年に佐賀県から認可を受けたが登記上の住所に事務所はなく、合同捜査本部が活動の実態を調べている。

出典:産経ニュース 2017.11.1 21:22 配信
www.sankei.com/west/news/171101/wst1711010087-n1.html
 

有価証券や宝石などの仮装売買を用いたり,近年はファクタリングやアマゾンギフト券を用いる闇金なども増えてきていますが,このような適法な取引を装った闇金業者は,次々と新たな手口で違法な融資を行っています。

今後もまた新たな手口が登場しては摘発されるというのが繰り返されるでしょうが,このように逮捕されるまでの間に多くの被害者が生み出されてしまいます。。

闇金だと気づかないうちに,超高金利を支払わされていたという例も多数ありますので,ちょっとおかしいかも・・・と思ったらすぐに専門家や警察に相談するようにすることが大切です。

関連記事

書き込みする

メールアドレスが公開されることはありません。

0120-830-742
お問い合わせ 闇金対策ブログはこちら 情報提供掲示板はこちら
司法書士による闇金対策ブログはこちら
情報掲示板はこちら
     相談に対応するオペレーター