ヤミ金は金銭回収のために嫌がらせをする

公開日:2016/03/18更新日:2018/09/22

カテゴリー:相談員 タグ:

金銭を回収する闇金のイメージ

相談員の石川です。 なぜヤミ金は執拗な嫌がらせを繰り返すのでしょうか。 これは言うまでもなく,お金を回収する為です。

本人が嫌がらせに屈し,どんな理不尽な理由をつけてでも約束以上のお金を本人から回収し,それを長期間続けることが彼等の目的であることを忘れないでください。

相手の思うままに屈していたら,生活は破綻し金策するだけの生活となってしまいます。改めてこの記事で最近起きている嫌がらせの事例を交えてご紹介します。

ヤミ金との約束は破られます

嫌がらせによって被害者に精神的負担を感じさせ,「ヤミ金から解放されるには,言われる通りお金を払うしかない」と思わせることが目的です。

何十回もの電話攻撃で苦しんでいる時に「あと5万払ったらチャラにしてやるよ」という業者の言葉にうなずきたくなる気持ちは分かります。しかし,「払わなければ周りに迷惑がかかるぞ」などと脅してくる業者が,まともに約束を守るはずがありません。

なぜなら,その「チャラにする」「これで完済にする」などという言葉を使えば,本人が開放されたいという心理から支払する可能性が高くなります。そして本人がその通り支払をすればヤミ金の回収作業は達成され,今度は別の理由をつけて再度回収に勤しめば良いだけなのです。

一度払えば,請求はエスカレートする

前項でもお伝えした通り,嫌がらせに負けて金を払えば終わりになると思ったら大間違いです。 ヤミ金は貸しをチャラにするどころか,嫌がらせを続けてもっとお金を回収しようとしてくるでしょう。

実際に,「俺の貸した分はチャラでいいけど上が納得してないからあと○万払え」などとさらに支払いを強要されたという被害相談をいただいたことがあります。 このように犯罪者であるヤミ金の言うことを信用して行動するのは無駄なことなので止めてください。では最近実際にあった嫌がらせ事例を紹介します。

また,こちら「闇金の嫌がらせはいつまで続く?司法書士に依頼すると収まるか?」でも詳細を記事にしていますので参考にしてください。

被害事例1:花束が届く

注文をしていないのに嫌がらせでピザや蕎麦,寿司,脅迫めいた文面が書かれた電報が届いたというのはよく聞くところだと思いますがそれに加えて最近花束が届いた,という被害です。

なぜ花束にしたのかは不思議ですが,本人にヤミ金の存在を示して嫌がらせになればなんでも良いのかもしれません。こういった宅配系の嫌がらせは,ハッキリと注文していない事を伝え,絶対に受け取らないでください。

被害事例2:コンビニの店員が自宅に来る

嫌がらせで家に行かせるイメージ

嘘の通報により消防車がきたり,深夜に自宅まで知らない人が来て気味悪く思っていたらヤミ金に葬儀屋を呼ばれていたという被害例はよく聞きます。これに加え,最近聞くことが多くなったのがコンビニの店員さんがが自宅に来た,という話です。

どういうことかというと,ヤミ金が「コンビニで買い物をしたらお箸が入ってなかった,家まで持ってこい!」等と被害者宅の近所にあるコンビニにクレームを入れ,店員がヤミ金に電話で道案内されながら被害者宅に到着すると,そこで電話を家にいる人に代わられるのです。

闇金は恐らくストリートビューなどを見ながら道案内しているのでしょう。そして電話口のヤミ金は被害者に対して支払いの催促を始めるのです。被害者はコンビニの店員さんから言われるがままに電話を代わり,出て見ると相手はヤミ金だったという被害です。

被害事例3:家族のフリをして職場に連絡

明らかに闇金と分かる話し方で職場に連絡し,本人宛に取次ぎを依頼するのが一般的です。しかし家族を装い本人と同じ苗字で連絡をしてくるという話をよく耳にするようになりました。

従来のようにヤミ金らしい様子で電話したとしても,もし本人が会社側に事情を説明していたら間違いなくそのまま切られるか,取り次いでは貰えないですが,家族のフリをして電話をすれば会社の方も「家族なら・・。」と何も疑わずに取り次いでしまうのです。

ヤミ金が真っ先に行う定番の嫌がらせは職場への連絡です。本人がもっとも嫌がる場所への連絡が,金銭回収の有効手段になる事を知っているからです。

ヤミ金は反応がある限り回収行為を続ける

嫌がらせ手口のごく一部をご紹介しましたが,ヤミは電話でできる嫌がらせであればありとあらゆる方法を使ってきます。しかし,逆に言えば電話でできるような行為しか出来ないとも言えます。

被害を大きくしないためには「ヤミ金と話をしない」「お金を払わない」という適切な対応が必要です。超高金利ですから,取引を続けていれば返済できなくなるのは当然のことですし,ヤミ金もそれは織り込み済みです。 しかし,彼らは取れるところから徹底的に回収を図ります。

これは家族や職場などの関係者についても同じです。 本人と連絡が取れなくても,家族など周りの方がヤミ金の嫌がらせに反応を見せてしまうとヤミ金は「まだ回収の見込みがある」と判断して請求をやめません。

ヤミ金は,「被害者本人から連絡をもらえればもうあんたには電話しないよ」などと言いますが,そこで被害者が電話などしようものなら,その後も関係者の方を通して被害者と接触を図かり金銭を回収してこようとしてきます。 これではいつまでもヤミ金との関係が切れず,問題を解決することができません。

また,当事者ではない方がヤミ金から迷惑行為を受けると「自分のことではないのに,いつまで嫌がらせを我慢しなければいけないんだ」と腹立たしく思われると思います。しかしその腹立たしさは被害者にではなく迷惑行為をしているヤミ金に向けるべきです。もちろん被害者の方も,今後は絶対にヤミ金と関わらないようにしてください。関わらなければ,こういった被害は生まれません。

解決のためにどうすべきか

ヤミ金の金銭回収電話には出ないというイメージ

被害を終わらせるためには,ヤミ金に回収はもう無理だと思わせる必要があります。ヤミ金はあなたを脅してお金を払わせようとしますから,その脅し文句を聞かないことです。一番良いのはヤミ金との連絡を全て断つことでしょう。

被害事例3にも挙げていますが,職場にも家族のフリをして連絡してくる可能性があります。あらゆる可能性を考えてヤミ金に連絡先を教えてしまっている先には根回しをしておくことが重要です。

ヤミ金との接触を断ち,請求に応じない姿勢を見せ続けることがヤミ金問題を迅速に解決することに繋がります。しかし一人で立ち向かって行くのは大変な事です。専門家に依頼する事で早期解決が見込めます。ヤミ金被害相談はこちらまで

関連記事

書き込みする

メールアドレスが公開されることはありません。

0120-830-742
お問い合わせ 闇金対策ブログはこちら 情報提供掲示板はこちら
司法書士による闇金対策ブログはこちら
情報掲示板はこちら
     相談に対応するオペレーター