ヤミ金営業疑いで4人逮捕

公開日:2022/07/15更新日:2022/09/05

カテゴリー:ニュース・報道 タグ:

警視庁による闇金逮捕のニュースです。

ヤミ金営業疑いで4人逮捕 1億円利益か 警視庁

法定金利を超える違法な高利でヤミ金業を営んでいたとして、警視庁生活経済課は15日、出資法違反などの疑いで、東京都渋谷区の無職、居沢光真容疑者(54)ら4人を逮捕した。いずれも容疑を認めており、居沢容疑者は「楽して稼ぎたかった」などと供述しているという。(中略)
逮捕容疑は元年7月~3年7月、東京都の40代男性ら6人に計約211万円を貸し付け、法定金利を超える約129万円を受け取ったなどとしている。金利は法定の約28倍~約131倍だった。
生経課によると、居沢容疑者はヤミ金利用者の名簿を使い、ショートメッセージサービス(SMS)などで、「1万円から融資可能」「ブラック大歓迎」などとうたって勧誘していたという。

引用元:産経新聞 7/15(金) 12:53

被害届を出したところでなかなか逮捕されないのが闇金ですが,やはり悪質な取り立てを行う業者を中心に毎年一定数は逮捕者が出ています。
記事によれば,この闇金は法定の28倍~131倍で貸し付けていたようです。
出資法5条2項によれば法定の上限金利は年利率20%ですから,年利約560%~2620%で貸していたということです。
年利560%であれば10日で1割5分の利息というところなので昨今の闇金事情からすれば安めといえますが,年利2620%であれば1週間で5割ぐらいですので,普通~やや高めといったところでしょう。

闇金が逮捕されたら督促は来なくなる?

「闇金 逮捕」という検索ワードをいろいろと調べている方の中には,自分が取引中の闇金が逮捕されてくれれば請求から逃れられると考えている方が少なくありません。
しかし,その考えは半分は誤りです。
闇金はピラミッド型の組織となっていることが多いのですが,その末端の一グループだけが逮捕された場合,他のグループに影響しません。
そして,未回収の債権は他のグループが引き継いで営業を続けるケースが多いのです。
したがって,取引中の業者が逮捕されたとしても,一定期間後に取立てが再開される場合がありますので注意が必要です。

本件では業者名に関する報道がなされていないことから,どのグループの闇金が逮捕されたのか判然としません。
しかし,この闇金の逮捕によって請求がなくなったという声をほとんど聞かないのでやはり引継ぎがなされているとみるべきでしょう。

書き込みする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


0120-830-742
お問い合わせ 闇金対策ブログはこちら 情報提供掲示板はこちら
司法書士による闇金対策ブログはこちら
情報掲示板はこちら
相談に対応するオペレーター